自分のタイプを知ろう!

いちご鼻にも種類がある?!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

いちご鼻

 

 

もともと、毛穴には皮脂を分泌して空気中のホコリや刺激物などから肌を守る役割と、汗や皮脂、体内の老廃物を排出する役割があります。

 

 

顔には1cm四方辺り約100個の毛穴があるといわれていますが、鼻を含むTゾーンには他の部分の7倍もの毛穴があるそうです。

 

 

その為、毛穴のトラブルが起こりやすく他の場所よりも丁寧にケアしていく必要があります。

 

 

ケアせず放っておくと機能が上手く働かなくなり黒ずみができてしまうのですが、その種類もさまざま。

 

 

ここでは、黒ずみによってできるいちご鼻の種類とケア方法についてみていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

いちご鼻の種類とケア方法について

 

いちご鼻

 

 

 

では早速、いちご鼻の種類とケア方法をみていきましょう。

 

 

 

 

1. 汚れ詰まりタイプ

 

 

ホコリや皮脂、古い角質、落としきれなかったメイクなどが毛穴に詰まってザラザラしているのが特徴です。

 

 

 

(ケア方法)

 

 

ファンデーションなどのメイクには油分が多く含まれているため、空気中のホコリや化学物質が付きやすくなっています。

 

 

ですから、化粧をした日は必ずメイク落としをするようにし、クレンジングの後には正しい洗顔と保湿を心がけましょう。

 

 

 

 

2. 毛穴広がりタイプ

 

 

乾燥肌や保湿が不十分な肌に多いタイプ。

 

 

肌が乾燥しているために過剰に皮脂が分泌され、毛穴が詰まり広がって影ができてしまっている状態がこれです。

 

 

 

(ケア方法)

 

 

一見べたついた様に見えても、実は乾燥により過剰に皮脂が分泌されている場合が多いので保湿をしっかりするようにしましょう。

 

 

洗顔後に化粧水などできちんと保湿することで、過剰な皮脂の分泌を抑えることができます。

 

 

また、適度な運動や入浴で代謝を高めるのも効果的です。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

3. オイリータイプ

 

 

皮脂分泌が多い肌によく見られるタイプです。

 

 

分泌される皮脂の量と新陳代謝のバランスが崩れていることによって、毛穴が詰まり汚れてしまっている状態。

 

 

 

(ケア方法)

 

 

洗顔を正しく行い、不要な皮脂を落とし必要な皮脂をキープするということを意識して保湿し、過剰な皮脂分泌を抑えましょう。

 

 

肌質がオイリーだからといって洗顔後に保湿をしないでいると、もっと皮脂分泌が盛んになり毛穴に皮脂が溜まりやすくなります。

 

 

また、脂肪分の多い食事や偏食を避けて、身体の内側から皮脂分泌量をコントロールすることも大切です。

 

 

 

 

4. メラニンタイプ

 

 

代謝の悪さやゴシゴシ洗いなどの過度なケア、紫外線などの強い刺激などによってメラニンが溜まっている状態がこれに当ります。

 

 

毛穴に汚が詰まっていませんが、色素が原因で黒ずんで見えます。

 

 

 

(ケア方法)

 

 

正しい洗顔と保湿に加え、美白化粧品などでしっかりケアを行うことが大切。

 

 

肌に負担がかかるとメラニン色素は増えてしまうので、肌の手入れの際には力を入れず優しく行うようにしましょう。

 

 

紫外線対策も大事で、肌に負担の少ない日焼け止めや、日焼け止め効果のあるファンデーションを活用しましょう。

 

 

適度に運動を行ったり、ピーリングで肌のターンオーバーを促進してあげると、メラニンの生成と蓄積を防ぐことができます。

 

 

 

ここまで「いちご鼻の種類」をみてきましたが当てはまるものはありましたでしょうか?

 

 

 

出来るだけ早く確実に毛穴を改善していくためには、まずは自分のタイプを知ることが大切です。

 

 

自分のタイプが分かったら原因別にアプローチしていきましょう。

 

 

いちご鼻を早く治してメイクやおしゃれも楽しみましょう♪

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

スポンサードリンク