どうして「いちご鼻」になるの?

いちご鼻の原因は何?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

いちご鼻

 

 

鼻の毛穴に黒いブツブツがびっしりと詰まった「いちご鼻」。

 

 

名前は可愛いけど、見た目は全然可愛くないですよね。

 

 

鼻は顔のど真ん中にあって目立つので、必死でケアしている人も多いはず。

 

 

ここではいちご鼻の原因と特徴についてみていきましょう!

 

 

スポンサードリンク

いちご鼻の原因

 

いちご鼻

 

 

 

小鼻の毛穴に黒ずみができて苺の種の様に見える「いちご鼻」ですが、原因は主に次の8つだといわれています。

 

 

 

 

1. 洗顔不足

 

 

いちご鼻の特徴とも言える黒いブツブツですが、古い皮脂や角質、老廃物やほこりなどが毛穴につまり酸化したものだといわれています。

 

 

洗顔で余分な皮脂やほこりなどが落ち切れていないと、それらが酸化して黒くなり積もり積もって鼻のぶつぶつになります。

 

 

 

 

2. 肌の乾燥

 

 

洗顔のし過ぎや、栄養不足、寝不足、ストレスなどにより肌が乾燥乾燥することがあります。

 

 

また、紫外線を浴びた後や乾燥する季節、エアコン環境での生活によっても肌が乾燥します。

 

 

肌が乾燥すると肌を潤そうと皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりやすくなります。

 

 

毛穴に溜まった脂はやがて酸化し始め、黒ずみに変わっていきます。

 

 

 

 

3. メイク

 

 

鼻を含むTゾーンはもともと皮脂分泌が多く、この部分の毛穴をメイクで防いでしまうと皮脂が溜まりやすくなります。

 

 

 

 

4. 過剰な洗顔

 

 

きちんと洗顔しないと汚れが落ちませんが、洗顔のし過ぎもイチゴ鼻の原因になります。

 

 

鼻毛穴汚れを落とそうと成分の強い洗顔料でゴシゴシ洗うと、肌が乾燥したりダメージを受けてしまいます。

 

 

すると皮脂が過剰に分泌されたり、肌のターンオーバーが上手くいかなくなり鼻のブツブツに発展してしまいます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

5. 剥がすタイプの鼻パック

 

 

「鼻の毛穴スッキリ♪」などのイメージがある剥がすタイプの鼻パックですが、実は肌への負担がとても大きいといわれています。

 

 

皮脂と表皮を無理やり剥がすことで、肌が乾燥して皮脂分泌が増え、角栓が鼻に溜まりやすくなります。

 

 

また、貼って剥がしてを繰り返しているうちに、鼻の角質が厚くなり、さらに角栓ができやすくなってしまいます。

 

 

 

 

6. 皮脂の搾り出し

 

 

鼻の毛穴のつまりが気になり始めると、どうしても毛穴をギュッと絞って皮脂を無理やり出したくなりますが、これもNG!

 

 

毛穴や毛穴周辺の皮膚に大きなダメージを与えますし、毛穴部分にクレーター状のニキビ痕ができて毛穴に角栓がなくても毛穴が目立つようになります。

 

 

 

7. 鼻を触る癖

 

 

鼻を触る癖のある人は要注意です。

 

 

手の汚れや皮脂が鼻の毛穴に入り込むことで、一気にいちご鼻が加速します。

 

 

 

 

8. たるみ毛穴

 

 

乾燥や加齢などによって皮膚がたるむと毛穴の開きが大きくなり、毛穴の影が黒く見えてしまいます。

 

 

毛穴も広がるので毛穴の詰まりも多くなりますし、黒い部分の大きさと範囲が酷くなり目立ちやすくなります。

 

 

 

 

元々、顔は毛穴が目立つ場所ではありますが、特に鼻は顔の中心という事もあり目に付きやすい所。

 

 

毛穴のブツブツが増えると不潔な印象を与えますし、ニキビにも発展する恐れがあるので早めにケアしていきましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加