毛穴パックを使おうか悩んでるなら!

毛穴パックについて

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

いちご鼻

 

 

「毛穴パックを使うと黒ずみが悪化する」という噂もある毛穴パックですが、一体、いちご鼻ケアに良いのでしょうか?悪いのでしょうか?

 

 

ここでは、噂の真相と毛穴パックの正しい使い方についてみていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

毛穴パックは効くの?

 

いちご鼻

 

 

汚れや角栓を除去することを目的とした毛穴パックには、剥がし取るタイプと洗い流すタイプの2種類があります。

 

 

ビオレの鼻パック「毛穴すっきりパック」などの剥がし取るタイプのパックは、シートタイプのパックを気になる箇所に貼り、乾燥したら剥がすというもの。

 

 

肌にピタリとくっついて毛穴に詰まった汚れや角栓を根こそぎ取り除くことができますが、肌表面の角質や油分、水分など肌に必要なものまで同時に落としてしまいます。

 

 

 

一方、洗い流すタイプのパックは、気になる場所に塗って乾いたら洗い流すだけ。

 

 

いちご鼻

 

 

毛穴ケアとしてはクレイパックが有名ですが、粘土を原料にしたパックで汚れを吸い取る力や炎症を抑える作用、殺菌作用があり、毛穴の詰まりを除去するのに有効だといわれています。

 

 

また、剥がし取るタイプのパックに比べて洗い流すタイプのパックの方が肌への負担が少ないです。

 

 

ただ、パック後の洗顔は不必要な場合が多いので、洗い流す際はパックの成分が残らないようしっかりとすすぐようにしましょう。

 

 

ここまで、剥がすタイプと塗って落とすタイプの毛穴パックをみてきましたが、貼って剥がすタイプは肌への負担が大きく、毛穴の黒ずみが悪化する可能性の方が高いのであまりおすすめしません。

 

 

やっていけないことはありませんが、多くても週2回など、使う頻度とアフターケアには注意しましょう。

 

スポンサードリンク

毛穴パックの正しい使い方

 

いちご鼻

 

 

毛穴の黒ずみをすぐにでもなくしたいと思うと、毎日のようにパックをしたくなりますが、そこは我慢!

 

 

毛穴パックをする前に、まずは肌のターンオーバーについて考えてみましょう。

 

 

ターンオーバーとは肌の細胞の生まれ変わりのサイクルのことですが、これを正常に行うことが健やかな肌を保つ鍵になります。

 

 

でも、毛穴パックのような強い力で無理やり必要な角質層を剥がしてしまうと、それと一緒に潤いも奪われて、ターンオーバーが乱れてしまいます。

 

 

ターンオーバーは年齢や場所によって期間が異なりますが、だいたい28日~56日間(約1ヵ月~2か月間)かかるといわれて、毛穴パックの使用頻度も肌再生のサイクルに合わせることがおすすめです。

 

 

いちご鼻

 

 

 

また、正しい使い方を守ることもとても大切で、次の通り種類別の使い方に注意しながらケアを進めていきましょう。

 

 

 

 

【剥がし取るタイプ】

 

 

パックをする前に気を付けるポイントは、次の2つ。

 

 

① 使う前に洗顔で汚れを取っておくこと

 

② パックする箇所には化粧水をつけないようにすること

 

 

また、パック後に赤みや痒みなどが出るのを防ぐため、パックをしてすぐに入浴したり運動したりするのはさけましょう。

 

 

毛穴パックは、基本次の手順で行います。

 

 

(1) 肌表面にシートをムラなく密着させます。

 

(2) シートが完全に乾いたら、一気に剥がさずゆっくりと剥がします。

 

いちご鼻

 

 

 

 

【洗い流すタイプ】

 

 

パックの手順は、次のとおりです。

 

 

(1) パック前に蒸しタオルを鼻にあて、毛穴を開いておきます。

 

(2) 鼻が完全に隠れるぐらいの量のパックを塗り、5分~10分程度置きます。

 

(3) 完全に乾いたら水やぬるま湯で優しく洗い流します。

 

 

いちご鼻

 

 

パックする際には、敏感な目元や口元を避けて塗り、肌がヒリヒリするなどの刺激を感じたらすぐに洗い流すようにしてください。

 

 

パック後の洗顔はしない方がいいので、すすぎはパックが肌に残らないようぬるま湯で十分行うようにしましょう。

 

 

>>素肌自慢の秘密兵器 b.glen毛穴ケア


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

スポンサードリンク